M&Aサービス

M&Aというと”大企業のもの”というイメージが強いですが、日本におけるM&Aは70%は中小企業を対象にしたものといわれています。
M&Aを活用することで、経営者は、後継者問題の解決に加えて、会社を存続・発展させ、従業員の継続雇用が実現でき、安心してハッピーリタイアを迎えることができます。
中小企業の大きな問題は、「後継者問題」「事業将来性の不安」「国際競争力強化」「国内市場競争力強化」「破綻企業再 生」などその内容は多種多様化し、それぞれにタイムリーに適切に対応することが求められています。 
M&Aは、その目的から大きく「後継者問題解決型」「合従連衝型」「企業再生型」の四つに分類され、それぞれの目的に合った手法・戦略が必要です。

譲渡希望企業の要因としては、
・後継者問題:子供がいない。子供が継がない。子供に継がせられない。
・事業展望の不安:卸・小売業の「集約化」、製造業の「技術高度化」、建設業の「構造変化」、タクシー・米・酒・薬等の「規制緩和」
・従業員の安定雇用:従業員の生活設計の保証

譲受希望企業の動機としては、
・事業の拡大・延長:売上の拡大、他地区への進出、川上、川下への進出、新業態への進出
・異業種への進出:隣接業種への進出 
・相乗効果による経営の効率化:合併、ホールディングカンパニー、会社分割

                    事業承継全般にも対応します。是非一度ご相談ください。

 

Copyright (c) 2005-2011 株式会社メイア. All Rights Reserved.