環境マネジメントシステム

環境マネジメントシステム(EMS)とは、”組織が活動や製品・サービスを通じて環境に与える負荷を低減させるように配慮したシステム(仕組み)”のこと。

【国際認証】「ISO14001」
【国内認証】「エコアクション21」

☆主なコンサルティング内容
【対象企業】中小企業(事業所)
【対象地域】九州全県
【 特 長 】環境改善は当然のこと、人材育成、コスト削減を行いながら、経営に役立ちかつ地域の皆様にも安心していただける組織運営のシステム構築が実現できるよう お手伝いをいたします。


☆コンサルティングステップ

●ISO14001
【初期評価】⇒【環境側面の特定と環境影響評価】⇒【環境方針、 環境目的・目標の作成】⇒【環境マネジメントプログラムの作成】⇒【EMS文書類の作成】⇒【EMSの運用】⇒【内部監査とマネジメントレビュー】

●エコアクション21※サンプル 文書は下記を参照
【環境方針(仮)及びキックオフ宣言】⇒【初期環境レビュー(環境負荷と取り組み状況の把握と評価、環境関連法規 等の取りまとめ)】⇒【EMS文書類の作成(環境目標と環境活動計画の作成 等)】⇒【EMSの運用】⇒【全体の評価と見直し】⇒【環境活動レポートの作成】

 支援内容はこちら(PDF ファイル)
エコアクション21等に関するご案内はこちら(PDF ファイル)

ステップ1:エコアクション21のキックオフ

先ずは、エコアクション21のガイドラインがどのようになっているかを知ることから始めます。
「エコアクション21の概要と取り組みを成功させる 秘訣」(PDF)を参考に、キックオフ宣言をし、教育を行ってみましょう。
(主な事項)
・「環境方針」(仮)
・「認証登録範囲の決定」
・「実施体制の確立」

 

詳細はこちら(PDF ファイル)

 

ステップ2:初期環境レビュー(現地調査など)

  1)作業現場等の管理状況を確認
5Sの徹底、廃棄物処理法などの環境関連法規等への対応が出来ているかを確認します。(敷地レイアウト図を持って状況確認し、メモを取ることが効果的です。)

2)環境への負荷の自己チェックと環境への取組状況の把握
過去2年間及び今年度の売上から物量の使用量と排出量等を把握し環境への負荷がどれくらいあるか、また、環境への取り組みがどの程度か、現状チェックを行 います。


3)環境関連法規等の取りまとめ
(いつどこで誰が何をどのようにするかなどを明確にすることが大切です。)

詳細はこちら(PDF ファイル)

 

ステップ3:エコアクション21のシステム構築

1)環境目標と環境活動計画を作成
ステップ2で把握したことを元に環境目標、及び目標を達成するための活動計画を作成します。(環境方針との整合にも注意してください。)

2) 緊急事態の想定と対応策の作成
環境上の緊急事態とは、災害だけではなく、「ドラム缶に入っていた油が転倒して、河川に流れた」など、水質汚濁に繋がるものも緊急事態になります。このよ うな事項を考えて予め対応を考え、被害(環境影響)を最小限になるように考えます。

3)運用上必要とされる手順書及び記録様式の作成
目標達成に向けて、必要と思われる手順書があれば作成します。また、自社のノウハウを蓄積するために作業手順書等作成する場合もあります。

詳細はこちら(PDF ファイル)

 

試行運用:実際にエコアクション21のシステムに従って運用

 

1)社長から環境方針の宣言と説明
2)従業員及び出入り業者への教育
3)環境活動計画に従って行動開始
4)緊急事態の実地テスト及び訓練の実施
5)月に一度程度環境活動実施状況の確認及び目標
達成状況の確認
(環境への負荷の自己チェックは毎月入力
:売上や燃料使用量等)
6)環境コミュニケーションの実施
7)問題が発生したとき、発生しそうな場合の対応
(是正処置、予防処置)
8)エコアクション21委員会の実施(4半期に1回程度)など

詳細はこちら(PDF ファイル)

ステップ4:エコアクション21のシステムの運用状況確認

1)環境目標の達成状況と環境活動の実施状況の確認
目標達成に向けて活動は順調か。目標達成状況はどうか。問題があれば、是正処置や予防処置をとります。

2)緊急事態の実施テストの結果の確認及び是正
緊急事態が実際に起こった際にスムーズに対応が出来るようにテストと訓練を行います。問題があれば、是正します。

3) 環境コミュニケーションの実施状況の確認
外部から環境に対する問い合わせや要望、苦情等があったことを記録し、問題を放置せずに対応を行っているか。また、自社で問い合わせた事項など記録にして対応しているかの確認を行います。

4)教育・訓練の実施状況の確認
環境に対する教育とは、職務に応じて区別し、自覚し行動するだけで良いのか、訓練や専門教育を受けるべきかを検討して教育を行います。

 

ステップ5:環境活動レポートの作成及び審査準備

1)全体の評価と見直し
社長に対し、環境管理責任者がエコアクション21の運用結果を報告する場です。良い結果だけではなく、悪い結果も報告し、今度どのように対応したら良いか社長に判断していただきます。

2)環境活動レポートの作成
環境活動レポートは、環境への取り組みの実績を取りまとめたもので、エコアクション21の認証・登録を受ける際に作成が必須であり、常時ホームページ上で公開することになっています。(エコアクション21のHPを参照)

 

エコアクション21(EA21)サンプル文書のご案内

弊社では、エコアクション21(EA21)を自らシステム構築を行う事業者様のお手伝いとしてサンプル文書をご用意いたしました。
是非、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

詳細はこちら(PDF ファイル)
お問い合わせはこちら

Copyright (c) 2005-2011 株式会社メイア. All Rights Reserved.